自分を知って運命を拓く

運命は自分の思うとおりに変えられる
早稲田運命学研究会を発足した理由
櫻井秀勲
早稲田運命学研究会のHP
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「運命」の話をするときに、まず、そもそも「運命」とは何であるか、ということを押さえておかなければなりません。


言い換えれば、その人の「運命を決めるもの」とは何か、ということですが、


これはたとえば「占術」のジャンルでみていけば、


わかりやすいかもしれません。


つまり、姓名判断の人から見れば、


「運命」は「名前によって決まる」というでしょうし、


占星術でいえば「生まれた星の位置で決まる」ということになります。


「運命を決めるもの」は、占い師の数だけあるといってもいいでしょう。


それらのうちのどれが正しい、正しくないということはありません。


むしろ、そのすべてに一理ある、と私は思っています。


しかし、ときに、その解釈を述べるときに、


運と運命を一緒くたにしている人がいます。


あるいは受け取る側が、一緒くたにしてしまうことがある、


ということもあります。


運命とは何かというときに、それは「運」とは全く違うものだということを、しっかり憶えておきましょう。


運というのは、簡単に言えば、「拾えるもの」です。


あるいは、「運がつく」というように、「付着するもの」ともいえるでしよう。


それに対して、「運命が拾える」「運命がつく」という言葉はありません。


「運命」というのは、たまたま拾ったり、付いたりするというように、


「偶然」のものではないということです。


「自分の命の運び方」――これが「運命」なんですね。


自分の命をどう運ぶか、ということだから、そこに偶然はありません。


それだけに非常に厳しいものだ、というふうに


考えなければならないものです。


あることがきっかけで運命が変わった、という人は多いでしょう。


たとえば、結婚をして運命が変わったとか、


そこの会社に就職して運命が変わった、というようなことは、


あなたご自身にも起こっているかもしれませんし、


そうでなくても、あなたのまわりの人たちを考えてみると、


当てはまる人がいるでしょう。


けれども、そうして「運命」が変わったというときでも、


「たまたま」とか「偶然」にそれが起こったのではないのです。


もともとが「そうなる運命」だったということもできますが、


もしも「変わった」とすれば、


それは、その人自身があるところで、


「自分の命の運び方」を変えたことによって起きたのです。


この「運命を変える」ことは、簡単ではありません。


ある日誰かがひょいと自分を持ち上げて、


「うまくいかない運命の道」から


「うまくいく運命の道」に置き換えてくれたら楽ですが、


そんな「奇跡」は起こりません。


しかし、あなた自身が、自分の「命の運び方」を変えさえすれば、


あなたの運命はあなたの望むように変えることができるのです。


早稲田運命学研究会のHPへ